ニュース

ホーム > ニュース > 電磁波関連記事 > 電磁波測定ガイド│安全を確保するためのステップ
ニュース
 公開日: 2024/01/13 最終更新日: 2024/05/08

電磁波測定ガイド│安全を確保するためのステップ

Category: ニュース / 電磁波関連記事 Tag: / /

電磁波測定ガイド

電磁波は私たちの日常生活に常に存在し、その影響は目に見えないためしばしば見過ごされがちです。

しかし、健康への潜在的な影響を考慮すると、電磁波の測定と調査は非常に重要です。

このガイドでは、電磁波の基本を理解し、自宅や職場での電磁波のレベルを正確に測定する方法、さらには測定データに基づいた適切な安全対策を講じるためのステップを詳しく解説します。

安心して生活するために、電磁波に対する意識を高め、必要な対策を知ることが大切です。

当事務所には「1級電磁波測定資格」を持つ測定士が在籍しており、専門的な観点から電磁波被害に関する対策やアドバイスを行なっています。

ライター

電磁波測定調査
2024年1月13日 更新

最新の測定技術を駆使し、科学的に根拠づけられた調査を通じて、皆様の健康と安全を守るお手伝いをしています。私のミッションは、電磁波の潜在的なリスクから人々を保護し、安心して暮らせる環境を提供することです。専門家として、この分野の最新情報を常に追求し、その知識を皆様に分かりやすくお伝えすることで、電磁波に関する正しい理解と対策の普及に努めています。

– 目次

1.電磁波について

電磁波測定ガイド2

電磁波とは、電気が流れる際に生じるエネルギーの波で、その振動の回数を周波数(Hz)で表します。

これには主に「低周波」と「高周波(マイクロ波)」の二つのタイプがあり、使用する周波数帯によって細かく区分されます。

私たちの目には見えない電磁波ですが、特定の測定器を使用することで存在とその強さを把握することができます。

家族や友人には見えない電磁波の影響を理解してもらうのは難しいかもしれませんが、測定や調査を通じて具体的な報告書を作成することで、問題を「見える化」することができます。

電磁波が原因で体調不良を感じているなら、以下のような状況に当てはまる場合は、専門家に相談することをおすすめします。

  • 過去に短時間の電磁波測定を依頼したが、症状は改善されなかった。
  • 自分で電磁波測定器を使ってみたが、どの程度が危険なのか判断できない。
  • 近所から強い電磁波を感じるが、それを証明する方法がない。
  • インターネットで調べた情報と自分の症状が似ている。
  • 電磁波過敏症の症状と自分の体調不良が一致する。

電磁波による健康被害は、専門的な測定と調査により、その原因を特定し問題を解決することが可能です。

1-2.電磁波の発生源

電磁波測定ガイド3

電磁波は、電流が流れる際に生じるエネルギー波で、電場と磁場の変動によって空間を伝わります。

我々の周りには、スマートフォンや家庭用電化製品など、常に電磁波を発生させているものに囲まれています。

この電磁波は、振動する回数、つまり周波数の高低によってさまざまに分類されます。

例えば、スマートフォンや電子レンジは、800MHzから8GHzの範囲のマイクロ波を使用しています。

これは、両者が放出する電磁波の周波数が同じ範囲にあるということを意味します。

また、医療分野で使われるX線やガンマ線も電磁波の一形態であり、太陽からの光、つまり紫外線も電磁波の一種です。

私たちの日常生活では、変電所や中継アンテナ、エスカレーターなどからも電磁波が発生しており、これらは意外と強い電磁波を出していることがあります。

1-3.生活と切り離せない「電磁波」

電磁波測定ガイド4

電化製品がコンセントにつながれているだけで、たとえスイッチがオフでも電磁波は発生しています。

この電磁波は、電圧の高さに比例して発生し、物質の種類を問わず周囲に広がっていきます。

電気は自然と電位の低い場所へと流れ、その結果として私たちの身体へと集まります。

磁場は電流の量に比例して発生し、私たちの細胞にまで影響を与える可能性があります。

電磁波は源から離れるにつれて強度が低下しますが、コンクリートを貫通するほどのエネルギーを持っており、完全に遮断することは難しいのが現実です。

現代生活では、スマートフォンやWi-Fiなどから発せられるマイクロ波は日常的な存在です。

また、家庭やオフィスで使用される50Hz~60Hzの低周波は、私たちの日常生活に欠かせない電磁波でありながら、健康への影響が懸念されています。

ただし、電池などの直流電源では、電磁波は発生しないとされています。

2.電磁波による身体の影響

電磁波測定ガイド5

電磁波は、その周波数に応じて異なる影響を私たちの体に与えます。

100kHz未満の低周波電磁波にさらされると、体内に微弱な電流が流れ、皮膚に「チクチク」とした感覚や自律神経への影響が生じることがあります。

これらの電磁波は高圧送電線や家電製品から発生し、電源を使う際に特に注意が必要です。これらの源から距離を置くことで、影響は大きく減少します。

一方、100kHz以上の高周波電磁波は、体内で熱を発生させることが知られています。

これは「マイクロ波」とも呼ばれ、電子レンジや携帯電話、基地局、地上デジタル放送局などから発せられます。

これらの電磁波に長時間さらされると、頭痛、吐き気、不眠といった症状を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

国際がん研究機関(IARC)の見解

WHOの一部である国際がん研究機関(IARC)は、2011年に携帯電話の使用に関連する脳腫瘍のリスクを指摘しました。

長時間の携帯電話使用は「脳腫瘍」の危険性を高めるともされています。

電磁波が脳に与えるとされる作用

電磁波が脳に与える影響には、ホルモン分泌の障害や免疫系の弱体化、抗酸化作用の低下が含まれます。

これにより、うつ病や不眠症、身体の自然な病気予防能力の低下などの問題が生じることもあります。

もし自分が電磁波の影響を受けているか不安な場合は、専門家による測定を検討することが有効です。

電磁波測定は、隠れた健康問題の原因を特定するのに役立つ可能性があります。

2-1.電磁波による過敏症について

電磁波測定ガイド15

電磁波過敏症とは、アメリカの医学者ウィリアム・レイ博士によって名付けられた状態で、電磁波への露出が原因で起こるとされる健康問題です。

具体的な原因はまだ明らかになっていませんが、電磁波によって体内のカルシウムイオンが流出し、脳の松果体のホルモン分泌が抑制され、免疫機能が低下することでアレルギー反応が引き起こされると考えられています。

現在、電磁波過敏症を診断するのは難しいとされており、医師による診断書で公式に認められることはほとんどありません。

障害年金を申請する際には、化学物質過敏症や慢性疲労症候群など、他の病状での申請が適切かもしれません。

化学物質過敏症に関しては、通常、診断書を取得することが可能ですが、障害年金の申請には医師による詳細な意見書が求められます。

厳密には「電磁波過敏症」という疾患は認識されていないものの、電磁波の強い環境で健康問題を抱える人がいることは事実です。

最近では、電磁波過敏症を診療科目に掲げる医院やクリニックも増えており、専門の診察や治療を受けることができます。

2-2.電磁波過敏症の疑いについて

電磁波測定ガイド6

電磁波過敏症は、治療法や診断基準がまだ確立されていない状態ですが、治らないわけではありません。

電磁波の影響を受けやすい人は、電磁波を避ける生活をしたり、防御策を講じたりすることで、症状が改善することが報告されています。

体調が悪いとき、その原因は多岐にわたりますが、電磁波が原因かもしれないと思ったら、体が電磁波にどのように反応しているかを調べることが大切です。

以下のような症状が続いている方は、電磁波過敏症の可能性を疑ってみる価値があります。

  • 皮膚の乾燥や刺すような痛み
  • めまいや吐き気などの症状
  • イライラしたり、怒りっぽくなる
  • 気分が落ち込んでやる気がなくなる
  • 寝つきが悪くなったり、夜中や朝方に目が覚める
  • うつを伴う頭痛や短期的な記憶喪失
  • 強い倦怠感や強い疲労感が続いている
  • 手足のしびれや麻痺
  • どこからか強い振動を感じる
  • あきらかな身体の変化(免疫や体質の変化)

これらの症状が複数あり、数日以上続いている場合は、電磁波の測定を専門家に依頼することをお勧めします。

具体的な数値によるチェックと発生源の特定が、状況を改善へと導く第一歩になります。

2-3.化学物質過敏症とVDT症候群

電磁波測定ガイド7

化学物質過敏症とは、日常生活で接触する化学物質の微量でも、体にさまざまな不調を引き起こす状態を指します。

シカゴ大学の研究によると、過去に大量の化学物質に触れたことがある人や、有害とされる化学物質を長期間摂取している人にこの症状が見られやすいとされています。

化学物質過敏症になると、極微量の化学物質に対しても体が過剰に反応してしまうのです。

この症状は、嗅覚の過敏さ、目や鼻、喉の刺激感、皮膚の赤みやかゆみ、疲労感、頭痛、めまい、吐き気など多岐にわたります。

特に反応を示しやすい化学物質には、洗剤や柔軟剤、芳香剤、香料、消臭剤、化粧品、殺虫剤や農薬、塗料、建築材料の接着剤、排気ガスや暖房器具の燃焼ガスなどがあります。

化学物質過敏症の対処法は、これらの物質との接触をできるだけ避けることです。

実際には完全に避けることは難しいかもしれませんが、日常生活での接触を最小限に抑える努力が求められます。

「VDT症候群」について

電磁波測定ガイド8

VDT症候群は、パソコンやスマートフォンなどの画面を見続けることによって引き起こされる一連の健康問題のことです。

現代社会では、長時間にわたってこうしたデバイスを使用することが日常となっています。

この症候群によって引き起こされる症状には、目の疲れやかすみ、ドライアイ、肩こり、頭痛、吐き気、手足のしびれ、イライラ、倦怠感などがあります。

これらは長時間同じ姿勢でいることや、繰り返し行なう細かい手作業が原因で起こります。

予防策としては、作業を1時間ごとに中断し、10~15分の休憩を取るか、1~2分間の短い休憩を頻繁に取ることが推奨されています。

また、背もたれを深く使い、正しい姿勢で座ることも重要です。

VDT症候群の症状は電磁波障害と似ているため、専門の調査によって生活習慣を含めた原因を突き止めることができます。

3.電磁波被害者のさまざまな苦難

電磁波測定ガイド9

電磁波過敏症に苦しむ人々は、身体的な症状だけでなく、理解されないという精神的な苦痛も抱えています。

家族に症状を話しても、「気のせいだ」と取り合ってもらえなかったり、友人に相談しても信じてもらえないことが多いです。

場合によっては、繰り返し訴えることで精神的な問題を疑われることさえあります。

電磁波というものが日常的に目に見えないため、他人にその影響を理解してもらうのは難しいですが、測定データという具体的な証拠を持つことで、その実態を伝えることが可能になります。

電磁波の影響を正確に証明し、その原因を明らかにしたい場合は、私たち「プロアネックス」にご相談ください。

資格を持つプロの測定士が現場に伺い、電磁波の測定を行い、問題の根源を突き止めるお手伝いをいたします。

電磁波とのつきあい方

電磁波過敏症の影響は人によって異なり、一部の人々は強い電磁波に晒されても特に体調の変化を感じないことがあります。

この個人差が、電磁波対策をためらわせる要因の一つになっています。電磁波過敏症になると、日常生活に支障をきたすほど敏感になることがあります。

特に注目されているのは携帯電話やスマートフォンから放出される電磁波です。

これらのデバイスを耳に近づけることで、脳腫瘍や聴神経鞘腫のリスクが高まると指摘されています。

電磁波は体内に蓄積されることはありませんが、日常生活においては特にこれらのデバイスの使用が多いです。

スマートフォンは日常的に手元に置くことが多いですが、意識的に少し離れた場所に置くことを心がけることが大切です。

3-1.電磁波被害の解決には正しい知識が必要

電磁波測定ガイド11

電磁波の測定調査は、専門家が高周波や低周波の電磁波レベルを測定し、環境を確認することが主な内容です。

専門家によるこの調査を行なうだけで、問題の原因が明らかになり、体調不良が改善されることも少なくありません。

見えない電磁波が原因で心身に影響を与え、場合によっては精神的な障害を引き起こす可能性があるため、不調を感じたら迅速に専門家に相談しましょう。

しかし、病院では電磁波の影響について明確な診断を下すことが難しい場合もあります。

「こんなに辛いのに…」と感じている方は、当事務所からのアドバイスを参考に、「もしかして電磁波が原因かもしれない」と考え、測定調査を依頼することをお勧めします。

もし電磁波による健康被害に直面しているなら、最初は原因不明で悩むこともありますが、悩みを一人で抱え込まず、専門家に相談することが大切です。

電磁波被害を感じる時間帯

電磁波被害を感じる時間帯には個人差がありますが、一部の人々は特定の時間帯に症状を感じると報告しています。

例えば、以下のようなパターンが挙げられます。

夜間~早朝

家電製品や通信機器が積極的に使われる夜間から早朝にかけての時間帯に、身体の不調を感じる人がいます。これは、一日の終わりにリラックスする時間に体が敏感になり、電磁波の影響をより強く受けやすいためかもしれません。

昼間(職場での作業中)

職場で多くの電子機器が使用される昼間の時間帯に、症状を訴える人もいます。これはオフィス環境特有の電磁波の露出が原因である可能性があります。

機器の使用時

携帯電話や無線LANなどを使用している際に症状が現れることがあります。特に通信機器の使用が増える時間帯や、長時間の使用によって症状が出やすくなります。

特定の環境下

電磁波の被害を感じやすい場所や環境があり、その近くにいる時間帯に症状を感じることがあります。たとえば、変電所や携帯電話の基地局の近くなどが該当します。

これらの症状や感じる時間帯は、電磁波の露出レベルによって左右されることが多いです。

もし特定の時間帯に電磁波による健康影響を感じる場合は、その時間帯に特に注意を払い、可能な限り電磁波の露出を減らす措置を講じることが推奨されます。

電磁波の実態を明らかにし、適切な対策を講じること

電磁波過敏症の可能性がある場合、その現実を把握するためには、実際の電磁波の発生状況を知ることが重要です。

外では平気でも、特定の場所にいるときだけ体調が悪くなるという人は、その場所の電磁波に敏感に反応しているかもしれません。

住環境では、高圧送電線や変電所が近いと強い電磁波の影響を受けやすいです。

電磁波は発生源からの距離に反比例して弱まるため、送電線が近いほどリスクが高まります。

また、室内では壁や天井を通る電気配線からも電磁波が発生しています。

特に電磁波の強い家電製品を長時間使用することは、電磁波過敏症の方にとってリスクが高くなります。

電気カーペットや電気毛布、こたつ、電気ストーブ、IHクッキングヒーターなどは、特に注意が必要です。

電磁波の影響に悩んでいる方は、専門家に相談し、測定器を使って電磁波の強度や発生源を調べることが推奨されます。

4.電磁波に関する相談事例

電磁波測定ガイド12

電磁波に関する相談事例は多岐にわたりますが、以下に一般的なケースをいくつか挙げます。

家庭環境における不安

新しい家に引っ越した後、家族が頭痛や不眠に悩まされるようになり、家の近くにある高圧電線や携帯電話の基地局が原因ではないかと心配するケース。

職場での健康問題

オフィス環境でパソコンや無線LANを長時間使用していると、目の疲れや頭痛が生じ、電磁波が原因ではないかと疑うケース。

身体症状の原因探し

医者から特に原因が見つからない体調不良に悩まされており、電磁波過敏症かもしれないと懸念するケース。

子どもの行動変化に関する懸念

子どもが急に集中力を欠くようになったり、イライラしやすくなったりするなどの行動変化を見せ、これが家庭内のWi-Fiやタブレットの使用による電磁波の影響ではないかと心配する親からの相談。

測定とシールドに関する相談

自宅やオフィスの電磁波のレベルを測定してほしい、または、測定結果に基づいてどのように対策を講じるべきかについての専門的な意見を求める相談。

不明な電磁波の源の特定

家の中や周辺で感じる異常な電磁波の存在を疑い、その源を突き止めたいと考えるケース。どこから電磁波が来ているのか、どのように対策を立てればよいかについてのアドバイスを求める。

これらの事例は、電磁波に関連する一般的な懸念を反映しています。各ケースには個別の対応が必要であり、専門的な測定や医学的な評価が推奨されます。

4-1.電磁波の測定について

電磁波測定ガイド13

電磁波の測定は、環境内の電磁放射のレベルを評価するために行われます。

これにより、家庭や職場での露出レベルを把握し、必要に応じて適切な対策を講じることができます。

以下は電磁波測定の基本的なプロセスです。

測定の目的の明確化:健康不調の原因調査、環境評価、安全基準の遵守確認など、測定の目的をはっきりさせます。

測定器具の選定:電磁波の種類(高周波、低周波)や測定したい周波数範囲に応じて、適切な測定器具を選びます。

測定プロトコルの決定及び実施:測定する場所、時間帯、測定点の数、測定器具の設置方法など、詳細な測定方法をプロトコルとして定め測定します。

データの記録と分析:測定データを記録し、結果を分析して、露出レベルが安全基準内に収まっているかを評価します。

報告書の作成:測定結果を報告書としてまとめ、測定データや安全基準との比較、推奨する対策などを記述します。

電磁波測定は、適切な訓練を受けた専門家や認定された技術者によって行われることが多いです。

測定結果に基づく対策は、電磁波の露出を減らし、健康リスクを低減するための重要なステップです。

5.電磁波測定調査をお考えの方へ

電磁波測定ガイド14

電磁波に関する懸念や過敏症を抱える方々にとって、正確な電磁波測定調査は、症状の原因を理解し、適切な対処を行うための第一歩です。

もし、周囲の理解を得られずに健康上の問題に直面している場合や、電磁波過敏症の可能性があると感じているなら、専門家による測定調査を検討することをお勧めします。

測定調査により、電磁波の発生源とその強度を特定することができます。

これは、症状の原因が電磁波であるかどうかを明らかにし、その後の対策に不可欠な情報を提供します。

また、専門家による測定は、電磁波に関する誤解を解消し、客観的なデータに基づいた解決策を提案するための信頼できる方法です。

電磁波過敏症であると自覚している方や、日常生活での不調が電磁波に関連していると疑っている方は、私たちのような専門家に相談することで、症状の改善につながる第一歩を踏み出すことができます。

安全で健康的な生活環境を取り戻すために、今すぐ行動を起こしましょう。

関連記事

電磁波とは何か

電磁波とは何か?電磁波の基本的知識や対策するメリット

2024.01.09

近年の研究では、長時間の電磁波への曝露が健康に影響を及ぼす可能性があると指摘されているため、電磁波に対する知識を深め、必要に応じて適切な対策を講じなければなりません。 この記事では電磁波の基礎知識や、電磁波が及ぼす影響や […]

ストーカーから身を守る方法は?防犯設備士が教える防犯対策

2024.03.02

どのようにして「ストーカー」から身を守ればいいのか、正しい対策がわからない人も多いかと思います。 この記事では、「ストーカーから自分で身を守る方法」と「専門家だから可能なストーカー対策」をお伝えします! ストーカーから身 […]

電磁波と健康

電磁波による健康への影響|電磁波に関する懸念を持つ方への必読ガイド

2024.01.09

本記事では、現代社会における電磁波の存在と、それらが私たちの健康に及ぼす可能性のある影響について詳しく解説します。 電磁波に対する理解を深め、安全な環境を守るための知識を提供します。 当事務所には「1級電磁波測定資格」を […]

電磁波過敏症?チクチク・ピリピリの原因を解明する測定調査

2024.01.18

原因不明の「チクチク」「ピリピリ」は、もしかしたら「電磁波過敏症」が原因かもしれません。 「チクチク」「ピリピリ」などの体調不良の原因を改善するためには、電磁波測定で正確な数値を測り、対策を行なうことです! 当事務所には […]

電磁波はカットできる?自宅のリフォームで住宅環境の改善を!

2024.02.05

私たちの生活は電磁波であふれかえっています。 携帯やスマホなどの家電製品は、私たちの生活に欠かせないものです。では、それらの電化製品による電磁波をカットすることは可能なのでしょうか? 当事務所には「1級電磁波測定資格」を […]

電磁波アレルギーが住宅リフォームで改善できる?

2024.01.29

電磁波アレルギーによる症状(体調不良・不眠・頭痛・かゆみなど)が、住宅リフォームにより大幅な体質改善が可能となります。 今回は、過去の依頼事例をご紹介いたします。電磁波によるリフォームをお考えの方は、ご参考になさってくだ […]