防犯関連記事

ホーム > ニュース > 防犯関連記事 > 近隣トラブルによる嫌がらせから身を守る方法を解説!
防犯関連記事
 公開日: 2024/04/18 最終更新日: 2024/04/16

近隣トラブルによる嫌がらせから身を守る方法を解説!

Category: 防犯関連記事 Tag:

近隣トラブルのなかでも深刻なのが「嫌がらせ」です。

無言電話、暴言、意図的な悪評、騒音など、さまざまな形態で受ける被害は、精神的にも大きな負担となります。

しかし、「ご近所だから」「トラブルを避けたい」という気持ちから、我慢してしまう方が多いのも事実です。

しかし、嫌がらせは決して我慢すべきものではありません。我慢し続けることは、精神的ストレスを増幅させ、体調を崩しかねません。

もし、嫌がらせを受けている場合は、一人で抱え込まず、積極的に解決に向けて行動することが重要です。

当事務所には、「防犯設備士」「電気工事士」「第4号警備業務」の有資格者が在籍しており、専門的な観点から防犯に関する対策やアドバイスを行なっています。

ライター

防犯設備
2024年4月18日

防犯設備士が書いた「防犯対策」の記事です。防犯設備のみならず、「1級電磁波測定資格」を持つ測定士など、電磁波や防犯に関する高度な知識と技術を持つ有資格者が監修。

– 目次

1- よくある近隣トラブルとは?

隣とのトラブル回避!「騒音」の落とし穴と対策

集合住宅での生活は便利で快適ですが、隣人とのトラブルは避けたいものです。

特に「騒音」は、トラブルの種になりやすい問題であり、「騒音」といってもさまざまなものがあります。

  • 音楽
  • テレビ
  • 楽器演奏
  • 大きな話し声
  • ペットの鳴き声
  • 深夜早朝の生活音
  • 子どもが走り回る足音 etc…

特に、アパートやマンションは、戸建て住宅に比べて生活音が伝わりやすいため、注意が必要です。

生活習慣や感覚が異なる隣人同士が「集合住宅」で暮らすため、些細な音でもストレスに感じてしまい、トラブルに発展してしまうケースも少なくありません。

無意識のうちに騒音トラブルを起こしていないか、今一度確認してみましょう。以下のような点に注意することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

  • 家電製品の使用時間を工夫する
  • 問題が生じたら、早めに話し合いを図る
  • 夜遅い時間帯や早朝は、特に音に気を遣う
  • 床や壁に防音材を貼るなど、防音対策をする
  • ペットの鳴き声には注意し、適切な対策をする etc…

臭いの原因と対策

近隣トラブルのなかでも、特に深刻なのが「臭い」によるものです。

生ゴミ臭、ペットの糞尿臭、タバコの臭いなど、さまざまな臭いが原因でトラブルが発生します。

  • 生ゴミ臭
    生ゴミを長時間放置したり、分別せずに捨てたりすると、腐敗臭が発生し、近隣に迷惑をかけてしまいます。
  • ペットの糞尿臭
    ペットの糞尿を適切に処理しないと、臭いが周囲に広がり、不快感を与えてしまいます。
  • タバコの臭い
    ベランダや共用部分で喫煙すると、臭いが洗濯物や家具に染み付いてしまうことがあります。
  • 柔軟剤や香水の強い香り
    柔軟剤や香水をつけすぎると、周囲の人にとって不快な臭いに感じる場合があります。

近年では、臭いに関するトラブルが増加しており、自治体への相談件数も増加しています。

もし、ご近所から臭いに関する苦情を受けた場合は、原因を突き止め、速やかに解決することが重要です。

以下、臭いトラブルを防ぐための対策をご紹介します。

  • 生ゴミは密閉容器に入れ、冷蔵庫で保管する
  • ペットの糞尿はすぐに処理する
  • 喫煙は決められた場所で行なう
  • 柔軟剤や香水の使用は控えめに
  • 換気をこまめに行なう

車トラブル!近隣との摩擦を避けるための対策

車社会の現代において、車に関する近隣トラブルは決して珍しいものではありません。

駐車、騒音、子どものいたずらなど、あらゆる問題が原因でトラブルが発生します。

  • 違法駐車
  • 当て逃げ
  • 車に傷をつけられる
  • 駐車場の利用ルール違反
  • タイヤをパンクさせられる etc…

特に、路上駐車や迷惑駐車は、他の車両の通行を妨げたり、視界を遮ったりして、大きな問題となります。

道路幅や駐車場が狭い場所では、切り替えや駐車が困難になり、トラブルに発展しやすい状況です。

その他のトラブルや嫌がらせ行為

  • 住宅の境界線
  • ゴミ出しのルール
  • ペットの飼育やマナー

戸建ての隣人トラブルによくあるのが、境界線をめぐる問題です。また、ゴミ出しのルールやペット飼育も近隣トラブルの原因に挙げられます。

なかには、ゴミやペットの糞を自宅の敷地に投げ入れられたり、玄関や車などに置かれるトラブルも!

2- 近隣トラブルによる嫌がらせ行為とは?

近隣トラブルのなかでも、特に深刻な問題なのが「嫌がらせ」です。

以下、近隣トラブル【嫌がらせ】で多いご相談内容をご紹介します。

無言電話

何度も無言電話をかけ、相手を不安に陥らせる行為は、典型的な嫌がらせです。

特に、夜遅い時間帯や早朝に繰り返される場合は、精神的負担が大きくなります。

暴言・脅迫

直接会って、または電話や手紙などで暴言や脅迫をする行為は、相手を恐怖に陥らせ、日常生活に支障をきたす可能性があります。

意図的な悪評の流布

事実無根の悪評を流布することで、相手の評判を貶め、社会的信用を失わせる行為は、深刻な被害をもたらします。

意図的な騒音

深夜早朝に音楽を流したり、物を落としたりして、意図的に騒音を発生させる行為は、相手の睡眠や休息を妨げ、ストレスを与えます。

悪臭の発生

ゴミを放置したり、ペットの糞尿を処理せずに悪臭を発生させる行為は、衛生面でも問題となるだけでなく、相手を不快にさせます。

その他の嫌がらせ行為

上記以外にも、以下のような行為も嫌がらせ行為に該当する可能性があります。

  • 監視カメラを設置して、相手の行動を監視する
  • 誹謗中傷の書き込みをする
  • 敷地内に侵入する
  • ゴミを投げ入れる
  • 動物の死体の送付
  • 物を壊す

隣人が「妄想性障害」かもしれないときは…

隣人が精神病(妄想性障害)を患っている場合、特に注意や自己防衛が必要です。

小さなきっかけから始まった些細な出来事が、次第に歪められ、妄想へと発展するケースも少なくありません。

以下の記事は、「隣人トラブル‐精神病(妄想性障害)が招く事件から身を守る方法」について、詳しくお伝えしています。

3- 近隣トラブル発生時の頼れる相談窓

近隣トラブルは、誰にとっても避けたいものです。しかし、日々の生活のなかで、どうしても摩擦が生じてしまうことがあります。

特に、当事者同士で話し合いをしようとしても、感情的になり、話がこじれてしまうケースも少なくありません。

最悪な場合、トラブルから傷害事件や殺人事件に発展する可能性も。

このような場合、一人で抱え込まず、積極的に相談窓口を活用することが重要です。

以下、近隣トラブル発生時に役立つ相談窓口をご紹介します。

管理会社・自治会

集合住宅にお住まいの方は、まず管理会社に相談しましょう。トラブルの内容を伝え、管理会社が当事者間に入って話し合いを仲介してくれます。

管理会社は、トラブル解決のための専門知識や経験を持っているため、冷静かつ公平な解決を導いてくれる可能性が高いです。

一戸建て住宅の場合は、町内会や自治会に相談することができます。町内会や自治会は、地域のルールやマナーに関する知識が豊富です。

トラブルの内容によっては、町内会や自治会が独自の解決策を提案してくれる場合もあります。

市区町村役場

市区町村役場の生活課も、近隣トラブル相談窓口として有効です。

騒音、悪臭、ゴミ出しなど、生活に関するトラブルであれば、行政職員が直接指導や助言を行なうことができます。

また、必要に応じて、他の関係機関との連携も図ってくれます。

警察

嫌がらせ、暴言、脅迫などの犯罪行為が疑われる場合は、警察に相談しましょう。

警察は、必要に応じて現場に駆けつけ、状況を調査します。また、加害者に対して警告や指導を行なうこともできます。

弁護士

弁護士は、法的な観点からトラブル解決をサポートしてくれます。弁護士に相談することで、以下のメリットがあります。

  • 相手方との交渉を代理で行なうことができる
  • 法律に基づいたアドバイスを受けることができる
  • 必要に応じて、裁判手続きを進めることができる

専門家へ相談する

隣人トラブルによる嫌がらせ行為で「実害」が生じた場合、隣人から身を守る方法は、基本的には自己防衛となります。

正しい防犯対策は、専門知識なしでは難しいでしょう。防犯対策の専門家に相談することで、防犯グッズの購入から設置まで、適切なアドバイスがもらえます!

4- 嫌がらせを受けたときの対処法

近隣トラブルは、誰にとっても精神的に大きな負担となります。しかし、一人で抱え込んでしまいがちです。

しかし、近隣トラブルは決してあなたの責任ではありません。

一人で悩まず、積極的に行動することで、解決に向けて道を切り開くことができます。

信頼できる人に相談する

家族、友人、同僚など、信頼できる人に相談することで、気持ちが楽になるだけでなく、客観的な意見をもらうこともできます。

また、近隣住民のなかには、あなたと同じようなトラブルを経験した人がいるかもしれません。

そのような人に話を聞いてもらったり、アドバイスをもらったりすることで、解決の糸口が見つかる可能性があります。

証拠収集で解決への道を切り開く

近隣トラブルを解決するには、「証拠」という強力な武器が必要です。多くの人は、「証拠なんて面倒くさい」「証拠なんてなくても解決できる」と考えるかもしれません。

しかし、実際には、証拠がなければ、トラブル解決は非常に困難となります。

なぜなら、嫌がらせは匿名や身分を隠して行なわれることが多いため、まず人物を特定する必要があるからです。

犯人がわかっている場合でも、証拠がなければ「私ではありません」とウソをついて言い逃れられてしまうかもしれません。

一方、証拠があれば、言い逃れはできなくなります。さらに、警察も積極的に対応してくれるようになります。

以下、証拠集め対策に有効な方法の例をご紹介します。

防犯カメラを設置する

防犯カメラは、トラブル発生時の状況を客観的に記録することができます。

照明をつける

照明をつければ、暗い場所でも防犯カメラで映像を鮮明に記録することができます。

ボイスレコーダーなどで録音する

嫌がらせの内容を録音することで、証拠として有効活用できます。

騒音計で騒音量を計測する

騒音トラブルの場合は、騒音計で騒音量を実際に計測することで、客観的な証拠となります。

メモを残す

トラブル発生日時、場所、内容、相手の特徴などをメモしておきましょう。

写真や動画を撮影する

トラブルの状況を写真や動画で撮影しておきましょう。

注意事項

証拠集めをする際は、以下の点に注意しましょう。

  • 証拠が改ざんされないように注意する
  • 証拠を第三者に保管してもらう
  • 証拠は日付や時刻を記録する

いつ」「どこ」で「だれ」が「なに」をしているのかがわかるような証拠を集めましょう。

証拠は、トラブル解決において非常に重要な役割を果たし、積極的に証拠を集めることで、解決への道を切り開くことができます。

警察への被害届提出

近隣トラブルの深刻化や悪化を感じたら、警察への被害届提出を検討しましょう。

被害届が受理されれば、警察が現場に駆けつけ、注意や警告を行なうことで、状況改善に繋がる可能性が高まります。

しかし、警察は限られた人員とリソースのなかで活動するため、凶悪事件や緊急性の高い事件を優先的に捜査します。

そのため、被害届を提出しただけでは、必ずしも捜査が開始されるとは限りません。

そこで、被害届提出と併せて、集めた証拠を積極的に提示することが重要です。証拠があれば、実際に被害を受けていることを客観的に証明でき、警察への説得力が増します。

証拠を提示することで、警察は状況をより詳細に把握し、適切な対応を取ることが可能になります。警察への被害届提出と証拠提示は、近隣トラブル解決の強力な武器となります。

弁護士相談は近隣トラブル解決の強力な武器

近隣トラブルが深刻化し、自分で解決するのは難しいと感じたら、弁護士に相談することを検討しましょう。

弁護士は、近隣トラブル解決における強力な武器となります。弁護士に相談することで得られるメリットは以下のとおりです。

専門家によるアドバイス

弁護士は、法律に関する高度な知識と経験を持っています。複雑な近隣トラブルでも、迅速かつ的確なアドバイスを受けることができます。

相手との交渉

弁護士は、相手方との交渉を代理で行なうことができます。弁護士は、交渉のプロであるため、あなたの利益を守るために、有利な条件で解決を目指します。

示談の立会人

示談交渉がまとまった際には、弁護士が立会人として立ち会います。弁護士が立ち会うことで、合意内容が正確に記録され、トラブルが再発するリスクを減らすことができます。

裁判の代理人

示談交渉で解決に至らない場合は、弁護士が裁判の代理人として訴訟を提起することができます。弁護士は、裁判手続に精通しているため、あなたの権利を最大限に保護することができます。

慰謝料請求

近隣トラブルによって精神的苦痛を受けた場合は、慰謝料請求をすることができます。弁護士は、適切な慰謝料の金額を算定し、請求することができます。

再発防止策の検討

弁護士は、トラブルの再発防止策についても検討することができます。例えば、文書による合意書の作成や、第三者機関による監視などを提案することがあります。

心身の負担軽減

近隣トラブルは、精神的な負担が非常に大きくなります。弁護士に相談することで、問題解決に向けた具体的な行動を取ることができます。

無料相談も可能

多くの弁護士事務所では、初回相談を無料で実施しています。まずは気軽に相談してみて、弁護士が必要かどうか判断しましょう。

5- 嫌がらせから身を守るには

自己防衛は、被害を防ぐための第一歩ですが、自己防衛だけで完全に被害を防ぐことは難しいことも事実です。

プロアネックスには、「防犯設備士」「電気工事士」「第4号警備業務」の有資格者が在籍しており、あらゆる対策を組み合わせてご依頼者の安全を守ります!

また、防犯カメラを設置することで、近隣トラブルによる「嫌がらせ行為」の証明や証拠が収集できる可能性も!

戸建てや賃貸、抱えている不安や状況に応じて、対策やサポート内容が変わります。まずは、現在に至るまでの経緯や状況をお聞かせください。

状況に応じて駆けつけサポートにも対応しています!

防犯設備士・電気工事士ができること

プロアネックスが行なう防犯対策は、一軒家や賃貸などの状況に応じた対策(カメラ・センサーライト・砂利・ガラス・フィルム・警報機・監視・盗聴・盗撮)を行ないます。

防犯砂利や防犯ブザー、防犯フィルムを使用することで、自宅への侵入を防ぐことが可能となります!

自宅や勤務先に防犯カメラを設置する

自宅や勤務先に防犯カメラを設置することで、不審者の行動を記録し、証拠として利用することができます。また、不審者が被害者の行動を監視するのを防ぐ効果もあります。

玄関や窓に防犯対策を施す

玄関や窓に防犯対策を施すことで、不審者の侵入を防ぐことができます。例えば、防犯ドアや防犯ガラス、防犯センサーなどを設置します。

第4号警備業務ができること

第4号警備業務とは、人の身体に対する危害の発生を警戒・防止する警備業務で、身辺警護業務のことを指します。

第4号警備業務は、警備対象者の身を守ることが目的の業務です。そのため、常に警戒を怠らず、警備対象者を危険から守るために必要な措置を講じなければなりません。

通勤や通学、外出時に同行し、不審人物(車両)の確認など、あらゆる危険からご依頼者を守ります!

第4号警備業務を行なう警備員は、第3号警備業務を行なう警備員と同じく、警備業法に基づく国家資格である警備員の資格を有する必要があります。

無料相談窓口

近隣トラブルによる嫌がらせから身を守るためには、防犯対策をしっかり行なうことです。

しかし、正しい防犯対策は、専門知識なしでは難しいでしょう。

プロアネックスは、「防犯設備士」と「第4号警備業務」の有資格者が在籍する、防犯設備の専門家です。

防犯グッズの選定、設置場所のアドバイス、設置作業まで、ご依頼者に寄り添いサポートいたします。

また、加害者の特定もご相談可能!調査会社と連携し、不審者の特定や情報収集も承ります。

24時間365日無料相談受付!お問い合わせフォーム、電話、メール、LINEから、お気軽にご相談ください。無料相談で解決できる問題もあります。

プロアネックスは、ご依頼者の安全を全力でサポートします!

関連記事

ストーカーの定義は?防犯設備士が勧める防犯対策

2024.02.01

相手が怖いと思ったら、ストーカーと思った方がいい時代になりました。 この記事では、ストーカーの定義やストーカー規制法、「自分でできる防犯対策」と「専門家が行なう防犯対策」について、お伝えしています。 ストーカー被害にお困 […]

防犯トータルサポートのアイキャッチ

防犯カメラによる防犯トータルサポート

2024.01.13

日本は世界的に見ると犯罪率が低く治安の良い国として知られていますが、昨今そんな日本のイメージが崩壊しつつあります。 警視庁の暫定的なまとめによると、2022年に発生した刑法犯が20年ぶりに増加し、治安の悪化が問題視されて […]

隣人トラブル‐精神健康の問題が招く事件から身を守る方法

2024.04.11

妄想性障害は、成人期中期から後期にかけて発症することが多い、比較的まれな精神疾患です。 統合失調症と異なり、幻覚や支離滅裂な言動などの症状は伴わず「妄想」のみが現れることが特徴です。 妄想の内容は、「現実的に起こり得るも […]

ストーカーから身を守る!防犯設備のプロによる徹底的な対策

2024.03.21

ストーカー行為に不安を感じていませんか? 一人で悩まず、防犯設備の専門家である「プロアネックス」に相談ください。 ストーカー対策の経験豊富な専門家が、ご依頼者に最適な防犯設備をご提案し、安全を守るためのサポートを行ないま […]

不法侵入を捉えた防犯カメラ!同僚が勝手に◯◯を複製していた!

2024.04.25

自宅のなかに違和感を感じたときに、あなたの勘違いではない可能性もあります。 過去には、「鍵番号」で勝手に合鍵を複製し住宅への侵入トラブルがニュースになりました。 鍵番号とメーカーさえわかれば、意外と簡単に複製できてしまい […]

元不倫相手からの嫌がらせ行為?家族を守る防犯対策

2024.02.12

不倫関係が終わった後、元不倫相手から嫌がらせ行為を受けることは少なくありません。無言電話や手紙、誹謗中傷など、その内容はさまざまです。 嫌がらせ行為がエスカレートすると、家族の安全にも危険が及ぶ可能性があります。 そこで […]